雌猫を飼っている飼い主必見 出産後のキャットフード

猫の性別は雄と雌がありますが、自分の愛猫が雌ならば覚悟しないといけないのは妊娠・出産です。 家にずっといる猫や去勢手術している猫ならともかく、外にも遊びに行く猫なら飼い主の気付かないままに子供を身ごもる事も考えられます。そして初めての出産の後の健康管理は重要です。 ・猫の出産 飼い主さんの考え方はいろいろで去勢手術を愛猫にしない人もいます。猫は生後6か月にもなれば子宮も発達して妊娠ができるまでに成長します。この時期には発情も始まります。 猫は1度にたくさんの赤ちゃんを産み落としますが、その後も頻繁に妊娠する動物です。年に2回から4回は出産をすると言われています。そのまま去勢しないでおくのはある意味危険です。 猫が増えすぎて家計を圧迫して自分の生活が保てなくなる人もいるからです。いずれにせよ、出産するにあたっては猫の健康管理は重要です。出産を終えて後、授乳中の母猫は体内に取り入れた栄養の半分を子猫に持っていかれると言われます。 したがってその分までもしっかりとエネルギー補給しないといけません。 ・子猫用のキャットフードでも大丈夫 このような事からエネルギーや栄養が高いフードを与えないといけないのです。そこで授乳中の母猫専用のキャットフードも売られています。それでももちろんかまいません。ですが、子猫用のキャットフードを与えても実は大丈夫なのです。 子猫用のキャットフードを母猫にお裾分けするのも一つの方法です。子供の猫用に作られているフードは著しい成長と激しい運動力で失くしてしまうエネルギーを補給できるように考案されています。 高カロリーで栄養分も豊富です。ですから母猫に与えるにもちょうどいいのです。もしくはキャットフードの種類は今まで通りで、量を増やすというやり方もできます。妊娠中から少しずつ量を増やしていくといいでしょう。 出産した後の1か月程度はキャットフードの量を2倍から3倍程度にします。その後はちょっとずつ元の量に戻していけばいいです。特に雌猫を飼っている飼い主ならではの心配は妊娠・出産です。 出産した後の食事管理もしっかりとしてあげるようにしましょう。

キャットフード・ブランドである「カルカン」について

あのテレビCMやネット上にあるバナーでも有名であり、30年以上もの長い歴史を持つマースジャパン社が扱う、キャットフード・ブランドの1つである「カルカン」ですが、現在、ドライフーズ仕様のものと缶詰め仕様、パウチ仕様からなる3つのタイプがあります。 そしてそれらは、子猫用・成猫用・シニア猫用という具合に、成長過程に合わせながら各々のメニュー内容の設定がしてあるような状態になっています。 値段などは、よく店頭などに置かれているような低価格で販売をされているメーカーのフーズ類などよりも弱干、高めなような購入定価での価格相場設定となっていますが、それだけになるだけ自然の状態のままでの猫が食べやすいような、そして猫自身の健康管理面をようく重視をしたうえで、なるだけ猫の健康上での有害な影響を及ぼすあるいは及ぼし得ると考えられる肉類成分の粉・二ール・副産物と、塩や香料、化学添加物類などを使用しないようにして、本当に猫自身の体の為に役に立つあるいは必要となる栄養成分のみが採用されて含有加工がしてあるような仕様になっていますので、安心して購入する事が出来るうえに、そのうえで猫に食べさせることができます。 こうした大きなメリットが、このカルカンのフードブランドにはあり、とても信頼面においての強みといえます。 ただ、なるだけ猫の健康面を第一に考えたうえで、自然のままの状態で猫が食する事が出来るような仕様にして作られているような状態になっていますので、保存面においてはやはり、市販品である格安で粉・二ール・副産物等からなる肉類を原材料にしたものよりも、どうしても劣るといったところがある点は否めません。 しかし、そうした面も、製品自体の保存面などよりも、その食する対象である愛猫の健康維持面をよく考慮をした結果といえますので、そうした点は最初から承知のうえで購入の検討やその判断などを行い、購入以後に与えていくという流れを認識しておく事が、とても大切です。

定番のキャットフードアイムスがいいですよ!

自分は猫を飼っているのですが、中でも気を付けているのはやはりキャットフードですね。 あまり高いものを買ってあげるほど裕福な稼ぎではないので、貧乏生活の一人暮らしの癒しとして私の猫には苦労を掛けていますが、実際に使っているキャットフードは定番のものでも十分健康になっていると思います。 ■定番のアイムスについて 自分の家で使っているキャットフードは定番商品であるアイムスですが、これはやはり簡単に安く購入できるという点が助かっています。 アイムスに関しては様々な種類が揃っているので、自分の猫の年齢や体型などで選べるのが良い点だと思います。 インドアで買っておりやや太り気味ということもあるので、体重管理などが出来るものを選んでいるのですが、やはり美味しく食べている姿を見ると自分も癒されますね。 味に関してはチキンをベースにしているものやまぐろをベースにしているものがありますが、自分の猫はまぐろベースの方がおいしいく食べていますね。 毛玉なども多くなりませんし、なにより元気でいる感じが良いので定番の商品としてアイムスを選んでいます。 ■たまにはご褒美のウェットフードを さてこのように通常のペットフードに関してはドライフードのアイムスを使っているのですが、やはりたまにはご褒美としてウェットフードを食べさせています。 こちらはモンプチを買っているのですが、どちらかと言えばツナ缶みたいな感じであり、お肉がたっぷりということでとても美味しそうに食べてくれるのが嬉しいですね。 こちらに関しては食べさせすぎるとやや太り気味なうちの猫がさらに太ってしまうので気を付けないといけないのですが、たまに潤んだ目でこちらを見つめられると困ってしまいますね。 このように普段使いのキャットフードに関しては定番の商品を使っており、ご褒美やおやつとしてはたまにウェットフードを混ぜてみたりして食べさせています。 やはりあまり豪華にはいけないのですが、猫の満足した顔や食べつきなどもあり飼っている身として嬉し限りです。

キャットフードの見逃しがちな表記と猫の体調判断

キャットフードと言えば、缶詰に入っているウェットタイプ、乾燥したドライタイプが頭に浮かぶと思います。 それぞれ一長一短がありますが、猫にあげたいのは「猫が好んで食べる方」という考えで大丈夫です。 但し、重要なのは、外装に掛かれた「一般食」か「総合栄養食」という表示です。 一般食は「おやつ」総合栄養食は「主食」と思ってください。 猫が喜んで食べるからとおやつ(一般食)ばかりだと栄養バランスの面で問題です。 愛猫の健康を考えると総合栄養食をメインに与え、時々おやつ(一般食)を与えるのが安心です。 一般食、総合栄養食はドライタイプ(通称カリカリ)、缶詰のどちらにもあるので表記確認はしっかりしたいです。 「缶詰=総合栄養食」って勘違いしている人も居るようなので気をつけてください。 【キャットフードと一緒に新鮮なお水を】 特にドライタイプのキャットフードは、口の中の水分を奪うので隣に直ぐに飲めるように新鮮な水を用意しましょう。 缶詰でも水分補給は大切なので必ず用意します。 猫によっては水を飲まない子もいますが、水を与えないと内臓が弱り、病気になってしまうので要注意です。 どうしても飲まない場合は、ドライタイプではなく、缶詰を与えると水分を補給できます。 水は内臓だけでなく、尿路結石の予防にも大切なので新鮮な水の用意と、しっかりと飲んでいるか?の確認も大切となります。 ドライタイプも缶詰も食べる量だけを与え、残りのエサはしっかりと口を閉じ保存します。 缶詰はラップで缶ごと包みなるべく早めに消費させましょう。 【キャットフードの食べ方で体調判断】 猫は当たり前ですが、言葉が通じません。なので体の不調を常に気をつけねばなりません。 キャットフードの食べる量や食いつき方も観察し、異変があれば即病院へ連れて行きます。 また、猫の習性として2,3日ご飯を食べなくなることもあります。習性なのか?異変なのか?判断付きにくいですが、飼い主の責任でおかしいぞ!と思ったら即病院へ連れて行きましょう。

猫の毛が抜け落ちてしまう!アレルギー性皮膚炎の原因

人間も生きていれば何かしらの病気にかかるように猫も病気を発症する事があります。猫の病気はたくさんの種類がありますが、キャットフードが原因で発症する事があるアレルギー性皮膚炎もその一つです。 ・フードが病気の原因になる アレルギー性皮膚炎になってしまうと愛猫は変わり果てた姿になってしまいます。たくさんあった毛もほとんどが抜け落ちて、お腹の皮膚が黒ずんでくる事も。見るからに不健康な猫になります。 しかも重症になると満足にある事さえできなくなる病気です。アレルギー性皮膚炎は猫にとってはあまりにも大きな病気です。そしてこの病気を引き起こす理由がいつも与えているキャットフードにある事があります。 原材料や添加物に反応してアレルギー性皮膚炎が起きるのです。 ・どうしてアレルギー性皮膚炎になってしまうのか? キャットフードによってアレルギー性皮膚炎を起こす理由は、劣悪な原材料や危険な添加物がたくさん配合されているフードがあるからです。このようなフードを毎日のように猫が口にしていたら次第に体を壊していきます。 免疫力も低下します。こうなると例えば家の中に住み着いているダニやハウスダストなどに負けてアレルギー性皮膚炎になってしまうのです。根本から解決していくためにするべき事は免疫力の回復です。 免疫力を正常時に戻す事で病原体や細菌から身を守る事ができるようになります。仮にアレルギー性皮膚炎に陥り病院に連れて行ったしても、投薬や注射では一時的にしか良くならない事もあります。 キャットフードが問題なのに変わらずにそのキャットフードを与え続けていては結局再発するようになります。ですからそんな時にはアレルギー対策がされているフードを与えましょう。 ・おすすめのキャットフード カナガンキャットフードがお勧めです。このフードは獣医も勧めている安心、安全なキャットフードです。特徴としては無添加である事。さらに全猫種、全ライフステージに対応しています。 アレルギー性皮膚炎にかかっている時には、ぜひ、キャットフードの見直しも考えてみてください。フードに原因がある場合いくら病院通いしても、結局再発を繰り返す事になってしまいます。

キャットフードはなるだけ、健康的な成分構成のものを選ぶのが原則

本当に巷の店頭に溢れている、低価格でボリューム感あふれるパッケージとなっているキャットフードの製品を、多く見掛けたりするような様子を目にされた方も多いと思われます。確かに見た目の通り、量が多くてドライ使用か否かの有無にも関わらず、保存が効く点がとても魅力的かもしれませんが、そのフード製品のパッケージの裏面あるいは側面などにある、原材料や使用されている含有成分の構成一覧などの内容を、ようく確認をしたうえで購入をしていく事が、非常に大切です。 こうした低価格で売られているキャットフードをはじめ、その他の犬や小鳥、ハムスター用のフード類などには、人間などが決して食べる事が出来ないような肉類である副産物、ミール、パウダー、粉などが原材料として採用をされたりしている場合がありますので、これらのあり方について確かめる必要性がどうしてもあります。 人間が食べられない肉類は当然、猫や犬、ハムスターなども食べたり出来ませんので、決してそれらが肉類として採用されたりしている製品を食べさせたりするような事があってはなりません。また、塩と香料、科学的添加物類なども、猫などの体調管理面においては良くありませんので、それらなども与えないようにしていく配慮が必要です。 以上の事から、これらの猫にとっては有害な肉類や塩、香料、科学的添加物とかが含まれたりしていないようなキャットフードの製品を探していく努力が、自分の愛猫の為にも探していく事が、どうしても必要になってきます。 そこで、こうした努力をし易くしていくためにも、そのような猫の体調管理面での安全性の高いフード類を、ネット通販とかで購入をしていくという方法が、やはりお勧めであると考えられます。 あのテレビCMなどでも同じみなマースジャパン社が扱うIMASやペディグリー、シーザーなどをはじめとするフードブランド物のキャットフード類などがとても安全ですので、購入してみる価値は大いにあります。 それなりに決して購入価格が安いとは言えないような面もあるかもしれませんが、それでもそうしたブランド製品類はかなり、猫の健康面でのサポートをしっかりやってくれる商品といえますので、今のところはとても安心といえます。

猫ちゃんの食事について

大切な猫ちゃんのフード選び、皆さんはどのような基準でご飯を探して購入しているでしょうか。 日本で飼われている猫は、血統書つきの猫よりも雑種の猫のほうが多いと言われていますが、雑種の 猫ちゃんであっても、何でも食べて良いわけではありませんので、体に合ったご飯を見つけてあげる必要があります。 まずキャットフードには、大きく分けると3つの分類があります。 病気の猫ちゃんのための療養食と、おかずとなる一般食、そして最後に栄養バランスに優れていてこれがあれば大丈夫と言われている総合栄養食です。 総合栄養食の場合、他にご飯をあげなくても必要な栄養素がしっかり摂取できるのが特徴です。おやつなども 特に欲しがらなければ必要ないほど栄養素がしっかり配合されているご飯です。 このように大きく3つには分類できるものの、それぞれ使われている原料は異なりますし、栄養バランスも微妙に違っています。 おすすめは総合栄養食ですが、これを選ぶ際にはどんな原材料を使用しているのかと、添加物が含まれていないかということを確認するようにしてあげましょう。 キャットフードはドライタイプやウェットタイプという分類もあります。水分が含まれているフードは日持ちさせられない、開封後すぐに食べないといけないという事がありますが、水分が含まれているほうが猫ちゃんにとっては良いとされています。特に病気をしている猫ちゃんはウェットタイプが良いと言われているので、病気中の時の食事は別途購入しておくほうが良いでしょう。 最近、ワンちゃんや猫ちゃんのご飯もグルテンフリータイプが人気となっていますが、グルテンフリーが必ず良いという理由は明確には出ていないので猫ちゃんが美味しく安全に食べられるものを探すというのが良いでしょう。 猫ちゃんもストレスは溜まりますので、ストレスが溜まらないように生活させてあげることが大事です。 運動不足は肥満になりますので、適度な運動もさせてあげて、おやつの与えすぎには注意しましょう。

猫におすすめのキャットフードとは

猫を飼っている人はどのようなキャットフードをあげていますか?やはり、口の中に入るものなのでこだわりを持っている人が多いのではないでしょうか。 では、キャットフードの安全な選び方を紹介したいと思います。 ●大量の穀物と添加物が入っているものは避ける キャットフードを見ると穀物と書かれているものがありますよね。穀物とだけかかれているのでその中身までは分からないと思いますが、実はトウモロコシや大豆などが使用されています。 何故穀物を使うのかというと、肉だけにしてしまうとコストがかかるため、コスト削減のために穀物を使います。少しの穀物を使っているだけならまだ良いのですが、長期保存のために大量の添加物を使っている可能性があるのでそういったものは控えるようにしてください。 さらに猫は穀物の消化があまり得意ではないため、多く摂取すると身体に悪影響になってしまいます。ですので、そういった意味でも大量に穀物を摂取するのは控えた方が良いです。 ●肉と野菜のバランスが大事 猫は基本、肉食動物なので猫に必要なものは動物性タンパク質うです。ですので、栄養のためには肉が必要です。そのため、第一原料が肉になっているものをおすすめします。 猫の健康と栄養のためには穀物がたくさん含まれているのもやめた方がいいでしょう。 しかし、肉が100%でも栄養が偏りますし、肥満の原因になるので肉と野菜がバランスよく入っているキャットフードが猫にはおすすめなので原材料をしっかりと見てから購入するようにしてくださいね。 このように、人間の食べ物に気を使うように猫のキャットフードにも気を使ってあげてくださいね。キャットフードといっても本当に様々な種類があるので迷うと思います。 もし、どれにしようか迷ったらネットで調べて安全性の高いキャットフードを探してみてくださいね。おすすめのものがたくさん載っているはずです。評判や口コミを見て安全性を確かめてから食べさせてあげる事をおすすめします。 では、1つおすすめのキャットフードを紹介! 個人的に良いと思うのは「モグニャンキャットフード」になります。 こちらのサイトに感想が書いてあるので参考にしてみてください↓ モグニャンキャットフードの評判