愛するペットの猫に与えるキャットフ-ド選びについて

ペットは人間の相棒であり、癒しの根源であり、昔から人間とともに歩んできた歴史があります。 そんな中でも、ネコと犬はペットの代表として、ずっと大昔から人ともに暮らしてきた長い歴史があります 昔は彼ら、ペットは人間と同じものを食べていましたが、今はペットフ-ドが主体になり、ご飯の上に鰹節をかけけてネコに与えていたマンマメシもめったに見ることがありません。 若いペットの買主では、そういうものがあったということ知らない人も沢山います。 ネコにあたえる食事は基本的にキャットフ-ドが主体になっていますが、これを自分のペットであるネコにドラッグストアとかDIYの店で購入してきて買い与えるのが一つの形になっています。 どんなものでもそうですが、ピンからキリまでの商品があり、飼い主としてはどれを選べばよいのか迷うところではあります。 ■ペットフ-ドを選ぶときに気を付けなければならないこと ① 「肉の副産物」「ミートミール」は極力避けたいものです。死んだ動物の肉だけでなく、 骨や内臓、更には糞尿も、 鶏の羽も口ばしさえも入ってることがあります。所謂4Dミ-トは避けるべきです。 ②  愛猫の健康を害する添加物は避けましょう。添加物は、猫にとって悪いものです。腐るのを遅らせるためのエトキシンは、多くのドライフードに使用される防腐剤です。これは毒です。BHT(ジブチルヒドロエキシトルエン)も防腐剤で発がん性が高いです。 ベトナム戦争で枯葉剤の原料として使われていましたしも日本では食用はもちろん農薬としても使用が禁止されています。 ■安さに飛びついて、ペットフ-ドを選ばないこと 価格を下げるために,メ-カ-は様々な努力をするものです、その過程で、法令に抵触しない範囲で、材料、あるいは添加物を自在に使うことで、価格は確かに下がったものの、発がん性が高かったり、結石になりやすかったり、あるいは毒物になっているキャットフ-ドがあります。