猫ちゃんの食事について

大切な猫ちゃんのフード選び、皆さんはどのような基準でご飯を探して購入しているでしょうか。

日本で飼われている猫は、血統書つきの猫よりも雑種の猫のほうが多いと言われていますが、雑種の
猫ちゃんであっても、何でも食べて良いわけではありませんので、体に合ったご飯を見つけてあげる必要があります。

まずキャットフードには、大きく分けると3つの分類があります。

病気の猫ちゃんのための療養食と、おかずとなる一般食、そして最後に栄養バランスに優れていてこれがあれば大丈夫と言われている総合栄養食です。

総合栄養食の場合、他にご飯をあげなくても必要な栄養素がしっかり摂取できるのが特徴です。おやつなども 特に欲しがらなければ必要ないほど栄養素がしっかり配合されているご飯です。

このように大きく3つには分類できるものの、それぞれ使われている原料は異なりますし、栄養バランスも微妙に違っています。

おすすめは総合栄養食ですが、これを選ぶ際にはどんな原材料を使用しているのかと、添加物が含まれていないかということを確認するようにしてあげましょう。

キャットフードはドライタイプやウェットタイプという分類もあります。水分が含まれているフードは日持ちさせられない、開封後すぐに食べないといけないという事がありますが、水分が含まれているほうが猫ちゃんにとっては良いとされています。特に病気をしている猫ちゃんはウェットタイプが良いと言われているので、病気中の時の食事は別途購入しておくほうが良いでしょう。

最近、ワンちゃんや猫ちゃんのご飯もグルテンフリータイプが人気となっていますが、グルテンフリーが必ず良いという理由は明確には出ていないので猫ちゃんが美味しく安全に食べられるものを探すというのが良いでしょう。

猫ちゃんもストレスは溜まりますので、ストレスが溜まらないように生活させてあげることが大事です。
運動不足は肥満になりますので、適度な運動もさせてあげて、おやつの与えすぎには注意しましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *