キャットフード・ブランドである「カルカン」について

あのテレビCMやネット上にあるバナーでも有名であり、30年以上もの長い歴史を持つマースジャパン社が扱う、キャットフード・ブランドの1つである「カルカン」ですが、現在、ドライフーズ仕様のものと缶詰め仕様、パウチ仕様からなる3つのタイプがあります。

そしてそれらは、子猫用・成猫用・シニア猫用という具合に、成長過程に合わせながら各々のメニュー内容の設定がしてあるような状態になっています。

値段などは、よく店頭などに置かれているような低価格で販売をされているメーカーのフーズ類などよりも弱干、高めなような購入定価での価格相場設定となっていますが、それだけになるだけ自然の状態のままでの猫が食べやすいような、そして猫自身の健康管理面をようく重視をしたうえで、なるだけ猫の健康上での有害な影響を及ぼすあるいは及ぼし得ると考えられる肉類成分の粉・二ール・副産物と、塩や香料、化学添加物類などを使用しないようにして、本当に猫自身の体の為に役に立つあるいは必要となる栄養成分のみが採用されて含有加工がしてあるような仕様になっていますので、安心して購入する事が出来るうえに、そのうえで猫に食べさせることができます。

こうした大きなメリットが、このカルカンのフードブランドにはあり、とても信頼面においての強みといえます。

ただ、なるだけ猫の健康面を第一に考えたうえで、自然のままの状態で猫が食する事が出来るような仕様にして作られているような状態になっていますので、保存面においてはやはり、市販品である格安で粉・二ール・副産物等からなる肉類を原材料にしたものよりも、どうしても劣るといったところがある点は否めません。

しかし、そうした面も、製品自体の保存面などよりも、その食する対象である愛猫の健康維持面をよく考慮をした結果といえますので、そうした点は最初から承知のうえで購入の検討やその判断などを行い、購入以後に与えていくという流れを認識しておく事が、とても大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *