猫の毛が抜け落ちてしまう!アレルギー性皮膚炎の原因

人間も生きていれば何かしらの病気にかかるように猫も病気を発症する事があります。猫の病気はたくさんの種類がありますが、キャットフードが原因で発症する事があるアレルギー性皮膚炎もその一つです。

・フードが病気の原因になる

アレルギー性皮膚炎になってしまうと愛猫は変わり果てた姿になってしまいます。たくさんあった毛もほとんどが抜け落ちて、お腹の皮膚が黒ずんでくる事も。見るからに不健康な猫になります。

しかも重症になると満足にある事さえできなくなる病気です。アレルギー性皮膚炎は猫にとってはあまりにも大きな病気です。そしてこの病気を引き起こす理由がいつも与えているキャットフードにある事があります。

原材料や添加物に反応してアレルギー性皮膚炎が起きるのです。

・どうしてアレルギー性皮膚炎になってしまうのか?

キャットフードによってアレルギー性皮膚炎を起こす理由は、劣悪な原材料や危険な添加物がたくさん配合されているフードがあるからです。このようなフードを毎日のように猫が口にしていたら次第に体を壊していきます。

免疫力も低下します。こうなると例えば家の中に住み着いているダニやハウスダストなどに負けてアレルギー性皮膚炎になってしまうのです。根本から解決していくためにするべき事は免疫力の回復です。

免疫力を正常時に戻す事で病原体や細菌から身を守る事ができるようになります。仮にアレルギー性皮膚炎に陥り病院に連れて行ったしても、投薬や注射では一時的にしか良くならない事もあります。

キャットフードが問題なのに変わらずにそのキャットフードを与え続けていては結局再発するようになります。ですからそんな時にはアレルギー対策がされているフードを与えましょう。

・おすすめのキャットフード

カナガンキャットフードがお勧めです。このフードは獣医も勧めている安心、安全なキャットフードです。特徴としては無添加である事。さらに全猫種、全ライフステージに対応しています。

アレルギー性皮膚炎にかかっている時には、ぜひ、キャットフードの見直しも考えてみてください。フードに原因がある場合いくら病院通いしても、結局再発を繰り返す事になってしまいます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *